お金を必要としている人にお金を貸し付けることを融資といいますが、貸す方から言えばお金を貸し付けて、利子をもらうことで利益を得ながら事業活動をしているということになります。融資ということですぐに頭に浮かぶのは銀行の融資です。
銀行の業務はお金を貸してその利子で利益を得ていますから、貸せば貸すほど儲けが増えるということになります。それが成り立っているということは、それを借りる存在が豊富にあるということにもなります。日本の銀行も世界的な規模のものもありますので、融資ということがなければ経済自体が成り立たないということでしょう。企業等では借り入れは普通のことで、借り入れがない無借金経営の方が珍しがられますし、健全な経営だと信用が増すくらいです。
また銀行の場合はあずけられた一般からの預金や日銀などからの借りたお金を融資することでで成り立ってもいます。他の金融機関でも似たようなものでしょう。

そのような流れをまず理解しないと経済の中での融資ということの本来の意味がわからなくなります。私たち個人においてもお金を借りている人たちはたくさんいて融資がないと生きていけない人たちもたくさんいます。総量規制で年収の3分の1までしか借りられなくなったので、それで困る人たちがたくさん出るのではないかという問題もありました。そのように個人においてもお金に関しての融資はとても重要なものだと思います。ショッピングなどでも今はクレジットカードが主流ですが、それも一時的にクレジットカードの発行会社が代わりに立て替えて払い、その後それぞれの形で精算するということですから、これも融資ということになりますね。そのように人間の社会では今や融資は切っても切れないモノになっているということになります。その中で個人の場合には、融資の意味とそれが自分にどのように関わってくるかを理解することがまずは大切だと思います。自分が損をしないためにもですね。