友人の知人の会社で海外から日本に向けたビジネスをされている方がいます。海外からですのでたまに必要な会議などには貸会議室が必要で始めの頃は不便で困ったとのこと。何処で幾らぐらいが妥当なのかを調べるのも外国人には大変なことでした。しかし、あるサポート会社を通じて契約した時に電話もその企業の社員の様に受け答えしてくれて、ファックスやメールや郵便物の管理もしてくれる会社がありました。その数件の中には貸会議室も貸してくれる制度があったとの事で直ぐに契約したそうです。会議室が同じ場所なので相手の企業さまも不自由なく利用できるそうです。特にその方は商品の配送の仕事も兼ねているのでどうしても返品などを受ける場所が必要でした。

大量に返品があるわけではないですから、一ヶ月その代行事務所で返品を預かってもらい月々にまとめて受け取るそうです。貸会議室は大・中とありどちらもテーブルと椅子でソファーでは無いそうです。ホワイトボードが会議室にはあり必要なお茶などはそこの貸会議室の事務所の女性社員がサービングしてくれるそうです。会議をする側は不便無いそうです。ファックスもコピー機もありますし会議中は女性社員がある程度サポートしてくれるそうです。会議する本人がお茶を出すことは出来ませんから、便利なシステムだと思います。貸事務所の金額は時間制で決まっていて、30分から始るシステムだそうです。会議ですから相手先に割りと便利なところが優先でしょうね。中にはひどく不便な代行システム会社もあります。よくよく情報を収集して下調べが必要だと言っていました。